マッチングアプリを買って後悔した理由と気を付けるべき点

2023年10月4日

マッチングアプリを買って後悔した理由と気を付けるべき点

マッチングアプリは男女共に利用者数が多い!といったイメージが持たれています。

利用者が多いから出会いに繋がりマッチングできる、そうしたイメージだけで利用していては痛い目に遭います。

おにえもん
おにえもん

実際とのギャップを知っておきましょう。

「マッチングアプリ」を買って(利用して)後悔した理由

マッチングアプリを利用して後悔する理由は、男女で異なります。

しかし、第一に言える理由は、理想的な出会いが勝手には訪れはしないことです。

マッチングアプリにさえ登録すれば、すぐに相手から「いいね」が貰えて、すぐにデートの約束が交わせると思い込んでいる方がかなり多いです。

また、出会いの数が多いから出会えるという期待値も高いはずです。

しかし、どこから出会いを求めるのかがポイントになるでしょう。

人口数の多い首都圏でなら、出会いに繋がる可能性も大いにあるでしょう。

しかし、過疎化されたエリア、田舎からアクセスするのなら、マッチングできる数は少ないでしょう。

人が多いエリアに住んでいるか、人が少ないエリアに住んでいるかでも、マッチングできるかが変わります。

後悔というなら、このマッチングアプリの利用者数(会員数)に騙されてしまうことにあるでしょう。

「マッチングアプリ」の後悔した評判・感想

口コミを見ての感想・まとめ

マッチングアプリは出会いの数は多いけれど、当たり外れも多く、顔だって加工ができる世の中です。 運命の人が本当はしわくちゃのオバさんだったり、ハゲてるおじさんかもしれません。 顔も性格でさえもつくれる時代というのは、どうなのかと考えてしまいます。

「マッチングアプリ」で後悔しないために気を付けること

毎日30万人が利用しているというように謳われているマッチングアプリはかなり多いです。

しかし、毎日それだけの利用者が活動しているワケではないことを知ってほしいとも思います。

アクティブユーザーばかりではなく、会員にはなったものの、まったく活動していないユーザーが大半を占めています。

ですので、ユーザー数が多いから出会えるのは半分は間違いです。

どれだけのユーザーが毎日ログインするのか、ここを見極めるようにしましょう。

また、先に紹介したように首都圏より田舎のほうで出会いを探すとなると、限られたユーザー数にしかヒットしません。

そのため、出会える数が極端に減ってしまいます。

少し、遠距離になっても平気なら、範囲を広げてみましょう。

マッチングアプリでは、気になる相手を見つけたら、まずはメールのやり取りから始められます。

しかし、サポートも充実していないことにはマッチングしづらくなります。

メールの返信がなぜないのか、分からないまま恋活・婚活難民に陥りがちです。

それこそ、マッチングアプリにはサクラなどが紛れ込んでいることも当たり前のように言われています。

パトロール強化されているマッチングアプリを利用しながら、アドバイスをお願いできるサポートサイトであるかも確認しておくと安心です。

まとめ

マッチングアプリを利用して後悔するのは、理想的な出会いがすぐに訪れないことです。

特に男性側は課金するケースもあるため、それだけにやきもきさせられるでしょう。

出会える数を広げる工夫とサポート力で、確実な一歩を踏み出してほしいと思います。

後悔

Posted by おにえもん