カードローンを利用して後悔した理由と気を付けるべき点

2023年10月4日

カードローンを利用して後悔した理由と気を付けるべき点

カードローンを利用して後悔してしまう方の中で最も多い回答は、「金利が高い」という点です。

なかには、金利分のお金を払うのがもったいないから支払わずに滞納してしまうケースもあります。

カードローンの甘い誘惑は「つい借り過ぎてしまう」ことです。

おにえもん
おにえもん

後悔したくないなら、ぜひ一読してみてください。

「カードローン」を買って(利用して)後悔した理由

カードローンでの借入れは借金です。

それなのに、利用者の多くが借金をしている感覚が薄いと言われています。

それは、カードローンが目的を問わず「自由に使うことができる」利用用途の制限がかからないことにあるからです。

カードローン会社からも「何に使うのか」そこを追求されることがまずありません。

そして、後悔へと拍車をかけるのが、借入利用枠内であれば「いつでも」「何度でも」借りられるというシステムにもあります。

臨時収入やボーナスなどで返済もできますので便利です。

だから、あまり借金している感覚に陥らず、滞納や多債務者に陥ることもあります。

後悔する最も多い理由は、カードローンの「金利の高さ」にもあります。

マイカーローンや住宅ローンなどと比較すると、カードローンの金利は、1.5~15.0%程度です。

安易に借り入れると、元金は減らずに利息ばかりを支払うこともあります。

「カードローン」の後悔した評判・感想

口コミを見ての感想・まとめ

カードローンを利用して後悔する理由にも取り上げましたが、「金利分を払うのがもったいない」と思えて仕方ない方がかなりの数いらっしゃいます。 カードローンはいつでも、限度額いっぱいまで使えて、でも、一回でも滞納したりした人はきっと家や車、新しいiPhoneを購入するときにも後悔するのだろう、本当に墓穴を掘るカタチにならないように気をつけたい口コミが多数あります。

「カードローン」で後悔しないために気を付けること

返済期間が長くなると支払総額が増えることを念頭に置くようにしましょう。

カードローンの利息は、「元金×金利(年利)÷365日×借入日数」で計算できます。

この返済期間が長くなれば、支払総額は増えてしまいます。

毎月の返済額を増額すると、やりくりが苦しくなるので、それは考えないようにしましょう。

何よりも、カードローンの利便性の良さに沼らないように気をつけましょう。

借りるのは必要最低限、返済もその翌月までにできる程度を計画します。

つまり、毎月の返済は家計に無理のない金額にしておかなければなりません。

臨時収入があるなどとは考えず、収支のバランスをしっかり考えましょう。

まとめ

カードローンについては使用用途が自由なため、借りては返してを繰り返していると、金利の高さの分だけバカバカしく思えてくることになりかねません。

返済のメドが確実にある場合に、利用するにとどめておきましょう。

後悔

Posted by おにえもん